ビーグレンでニキビ悩みを解決!

ビーグレンでニキビ悩みを解決!

おでこにニキビができる原因

      2016/12/05

おでこにニキビができる原因
おでこのニキビの原因はいくつかあります。10代がなる思春期ニキビは、成長時にホルモンのバランスが崩れて皮脂が過剰分泌してしまうことが原因です。20代以上がなる大人ニキビは、ストレス、シャンプーやリンスの洗い残し、前髪が主な原因といわれております。特に大人になると仕事や家庭のストレスにより、10代の頃にニキビができなかった人でもニキビになることがあります。

しかし、おでこというのは皮脂分泌量の多い場所として知られていますが、それと同時に毛穴が大きいのでニキビのできやすい場所としても知られています。

ただ、いずれにしても大切なの洗顔保湿。思春期ニキビは過剰分泌した皮脂は洗顔で綺麗に洗い流す必要がありますし、大人ニキビもストレスで乾燥した肌を保湿したり、洗い残し・前髪による汚れをしっかりと洗顔で落とす必要がありますからね。

おでこに思春期ニキビができる原因

  • 皮脂の過剰分泌

おでこに大人ニキビができる原因

  • ストレス
  • シャンプーやリンスの洗い残し
  • 前髪

おでこに思春期ニキビができる原因

皮脂の過剰分泌

思春期はホルモンバランスが崩れるので、何もしていなくても皮脂が過剰分泌してしまいます。大学生になる頃には落ち着いて自然になくなるのですが、なるべきできないように予防するなら優しく洗顔することがポイント。泡をしっかりと立て、指が顔に触れないように泡だけで洗うと、肌に負担をかけずに綺麗に皮脂を落とすことができます。

また、ビタミンCを積極的に摂るのもおすすめ。ビタミンCには「皮脂の過剰分泌を抑える」という効果があります。

ただ、サプリメントや食事から摂取しても他のことに使われてしまい、肌に使われるのはごくわずか。なので、ニキビケア化粧品などで直接肌に摂り入れるのがおすすめ。例えば、ビーグレンのCセラムのようなビタミンCを高濃度で配合した美容液を使うのもおすすめ。

おでこに大人ニキビができる原因

1.ストレス

ストレスを感じるとターンオーバーが乱れ、肌の回復力が低下して乾燥肌になります。肌が乾燥すると、外部の刺激から守るために皮脂が過剰に分泌されます。

なので、洗顔後にしっかりと化粧水や乳液で保湿をし、肌の水分が逃げないようにフタをしておくように意識しましょう。特に男性は化粧水や乳液などを使う習慣がないかと思いますので、「最近ストレス感じてるな」と思ったらストレス発散と同時に保湿するようにしましょう。

2.シャンプーやリンスの洗い残し

シャンプーには、界面活性剤という肌にもダメージを与えてしまう殺菌力の強い成分が含まれているものがほとんどであり、シャンプーの洗い残しがあるとおでこの肌を傷つける原因になり、ニキビができやすくなります。

リンスは、髪に潤いを与えるための油分を含んでいるものが多く、この油分がおでこに付着することで毛穴を塞いでしまい、皮脂がうまく排出されずにニキビができてしまうようです。ニキビをできにくくするためにも、シャンプーやリンスの洗い残しがないようにしっかりと洗うとともに、おでこにもシャンプーやリンスの洗い残しがないようにしっかりながしましょう。

3.前髪

おでこにニキビができてしまった場合、ニキビを見られたくないからといって前髪で隠してしまうかもしれません。しかし、前髪で隠していると前髪の汚れが付着したり、通気性が悪くなり汚れがたまりやすくなります。

また、毛先が肌を傷つけてしまうこともあります。おでこに頻繁にニキビができてしまう方は、前髪があまりかからない髪型にしたり、前髪を短くした方がいいかもしれませんね。

夏場なんかは汗をかくことも多いでしょうから、しっかりと汗をふき取り肌が汚れないようにしましょう。ニキビをできにくくするには、常に肌を清潔に保ち乾燥を防ぐことが大事です。乾燥を防ぐためにも、化粧水などを使ってしっかりと肌を保湿を行うことをおすすめします。

 - 部分別ニキビケア