ビーグレンでニキビ悩みを解決!

ビーグレンでニキビ悩みを解決!

口周りにニキビができる原因と治し方

      2016/12/07

口周りにニキビができる原因と治し方
口周りにニキビができる原因には、毎日の食生活や睡眠不足、ストレスなどによる胃の機能低下が挙げられます。普段から食べ過ぎていれば胃の機能は低下してしまいますし、ストレスを受けても胃の機能は低下します。

特にストレスは、胃を痛めて機能低下させるだけではなく食欲低下も招き、結果的にニキビのできやすい不健康な肌を作ってしまいます。なので、「仕事で疲れてたり、ストレスがたまると口周りにニキビができる」という意見が非常に多くみられます。

生活習慣だけが原因ではない!髭剃り、メイクが原因のことも

口周りのニキビができる原因は、日々の生活習慣やストレスだけではありません。男性の場合は髭剃りが、女性の場合はメイクが原因になることがあります。

髭剃り

男性であれば口の周りやあごの髭を剃ることが多いと思われますが、髭剃りの刃に注意をしなければいけません。髭剃りの刃が古くなり痛んでいると、肌を傷つけてしまいます。肌が傷ついてしまうとそこから細菌が入りやすくなり、ニキビができやすくなります。

髭剃りの刃はなるべく新しいものにし、髭を剃る前は薬用シェービングなどを使い、肌が傷つくのをなるべく抑えるようにしましょう。剃り方も、なるべく順剃りで。チクチクや青髭が気になって逆剃りをする場合は、なるべく力を抜いて刃が肌に深く入り込まないように意識しましょう。

髭剃りが終わった後は、必ず化粧水で保湿をすること。男性は保湿をする習慣がないかもしれませんが、化粧水には水分を保持してくれる成分が含まれており、刃によって傷ついた口周りを保湿してバリア機能を回復してくれます。

メイク
女性の場合は毎日のメイクが原因になっていることも。ファンデーションや油分の多い化粧品は毛穴を塞いでしまい、毛穴が塞がれると皮脂が外に分泌されずにニキビのできる原因になってしまいます。

ニキビができににくくするためにも、毎日しっかりとメイクを落とし保湿性の高い化粧品で保湿を行いましょう。口周りは意外に乾燥をしやすいものです。

すぐにニキビを治したいときはビタミンC

ビタミンC
口周りは食事や人と話したりなど、毎日必ず動かします。そんなところにニキビができてしまえば、動かすたびにニキビの痛みに我慢しなくてはいけませんし、口を動かすたびにニキビに刺激を与えてしまうので、なるべく早く対処することが大切です。

ニキビをすばやく治すにはビタミンCがいいといわれています。ビタミンCは、ニキビの炎症を抑える効果やストレスを軽減させる効果があります。そのため、ストレスで起きやすい口周りのニキビに効果を感じやすく、またニキビ自体にも効果的なので、すぐに治したいときにおすすめです。

ニキビケア化粧品にはほぼ間違いなくビタミンCが含まれていますので、食事などで意識的に摂取するよりかはニキビケア化粧品を使った方が有効的。一日の摂取上限が決まっており、余分なビタミンCは吸収されずに排出されるので、サプリメントよりもおすすめです。

ビタミンCを摂れる頬ニキビにおすすめの化粧品

Cセラムの詳細Cセラム(ビーグレン)
ビーグレンは医療の分野でも使われる独自の浸透テクノロジーで注目を浴びている化粧品メーカー。ビーグレン化粧品のCセラムは、その浸透テクノロジーにより肌の角層の奥深くまでビタミンCを届けることができる美容液です。初回は365日間の全額返金保証もあるので気軽にお試しすることができます。

・価格:4,700円(税抜)
・内容量:15ml(約1ヶ月分)

 - 部分別ニキビケア