ビーグレンでニキビ悩みを解決!

ビーグレンでニキビ悩みを解決!

頬にニキビができる原因と治し方

      2016/12/07

頬にニキビができる原因と治し方
頬にニキビができる理由には、胃腸や肝臓などの器官が弱っていることやホルモンバランスの崩れがあります。

また頻繁に手でさわることで、手の汚れが頬に付着してニキビができることもあります。人間の手ていうのは、キレイにしているつもりでも知らないうちに汚れてしまっているものです。ふとしたときに頬を触ったり、頬杖をついたりしないようにしましょう。

しかし、やはりニキビができる原因というのは胃腸や肝臓などの器官が弱っていることやホルモンバランスが崩れるなどの、体の内的な部分が原因であることがほとんどです。これらは主に、生活習慣を見直すことで改善することができます。

1.頬ニキビができにくい食生活

頬ニキビができにくい食生活
食生活を改善することでニキビのできにくい肌を作ることができます。糖分や脂肪分の多いものを食べ過ぎると、胃腸や肝臓の機能を低下させてしまいます。油分の多いジャンクフードやお菓子、チョコレートなんかもニキビのできやすい肌を作ってしまう原因となるので、過剰な摂取は控えるようにしましょう。

また、お酒の飲みすぎも肝臓の働きを低下させるので控えるようにしましょう。頬にニキビができやすい方は普段から頬のニキビを改善するのに良い食物を積極的にとることをおすすめします。

頬ニキビに良い食べ物

  • 大豆製品
  • トマト
  • ヨーグルト

2.睡眠

睡眠
睡眠不足や寝具の汚れによる原因もあげられます。睡眠不足は頬のニキビだけではなく、おでこや鼻などの部分のニキビのできる原因にもなります。

肌のゴールデンタイムと言われる22:00~2:00の間には寝るように心がけましょう。睡眠時間も7時間はとるようにしたいものです。

また、頬のニキビに関しては枕カバーなどの寝具の汚れが原因になることがあります。枕カバーは非常に細菌が増えやすいので、頻繁に洗濯をしたりタオルをしいたりして対策をとるようにしましょう。

3.ストレス

ストレスにはビタミンCが効果的
大人になると仕事や家庭など自分のまわりの環境により、日々ストレスをうけてしまいます。ストレスをうけるとストレスに耐性を持つために、男性ホルモンが大量に発生してしまいます。男性ホルモンはニキビをできやすくしてしまう成分を含んでおり、結果として男性ホルモンが増えるとニキビのできやすい肌になってしまいます。

ストレスを軽減するためには趣味や適度な運動、カラオケで大声などが定番ですが、当サイトではビタミンCをおすすめしています。ビタミンCには「皮脂の過剰分泌を抑える」「コラーゲンの生成を促す」「皮膚の炎症を抑える」という効果があり、ニキビ対策には必須ともいえる成分です。ニキビケア化粧品にも必ず含まれています。

ビタミンCの摂り方は食事よりも化粧品で摂るのがおすすめ。食事で摂られるビタミンCは体全体に使われてしまうため、ニキビに使われる分はごくわずか。それを補うために大量のビタミンCを摂取しても1日に摂取できるビタミンCの上限は決まっており、余分なビタミンCは吸収されずに尿と一緒に排出されてしまいます。

なので、化粧品から摂り入れた方が効果的です。「一般的に紹介されているストレス発散法を試したけどニキビが治らない・・・」という場合は、特にビタミンCを摂り入れられる化粧品を使ってみると効果を感じやすいかもしれませんよ。

ビタミンCを摂れる頬ニキビにおすすめの化粧品

Cセラムの詳細Cセラム(ビーグレン)
ビーグレンは医療の分野でも使われる独自の浸透テクノロジーで注目を浴びている化粧品メーカー。ビーグレン化粧品のCセラムは、その浸透テクノロジーにより肌の角層の奥深くまでビタミンCを届けることができる美容液です。初回は365日間の全額返金保証もあるので気軽にお試しすることができます。

・価格:4,700円(税抜)
・内容量:15ml(約1ヶ月分)

 - 部分別ニキビケア