ビーグレンでニキビ悩みを解決!

ビーグレンでニキビ悩みを解決!

あごにニキビができる原因と治し方

      2016/12/07

あごにニキビができる原因と治し方
あごのニキビは、思春期の時よりも大人になってからのほうができやすいです。なので、大人ニキビを代表するような存在として知られています。

あごのニキビは他の部分に比べできにくいです。しかし、一度できてしまうと治りにくく繰り返しできてしまうという特徴があります。あごにニキビができる原因としては、ホルモンバランスが崩れることや男性の場合は髭剃りによる肌へのダメージがあげられます。

ホルモンバランスの影響

ホルモンバランスが崩れることであごにニキビができる場合があります。ホルモンバランスとは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスのことを言います。

男性なら男性ホルモンが、女性なら女性ホルモンが多くなったときホルモンバランスが崩れていると言います。人間はストレスを感じると、ストレスへの耐性のために男性ホルモンを多くつくります。

しかし、男性ホルモンが増えると皮脂が過剰に分泌されニキビができやすくなってしまいます。現代においてストレスを感じないということは、ほとんど不可能に近いですよね。

ですので、一人一人が自分なりのストレスの解消法を考えることが大切です。

女性の場合は、生理前にニキビができることがあります。生理前は、「黄体ホルモン」という物質の分泌量が一気に多くなります。黄体ホルモンは男性ホルモンに似た働きをし、ニキビが増える原因になります。

ニキビを治すにためには、十分な睡眠をとったりニキビ肌の再生を促進させるビタミンCを含んだ化粧品を使うようにしましょう。

⇒高濃度ビタミンC美容液「ビーグレン Cセラム」Cセラム公式サイトへ

あごニキビへの対処法

あごにできるニキビは、治りにくく繰り返しできてしまうのでしっかりとしたケアが大切です。あごは洗顔の際に洗い残しが多い場合があります。洗い残しはニキビができる原因になってしまうので、洗い残しがないようにしっかりと洗い流すように心がけましょう。

また、保湿を行う際もついついおざなりになってしまうことがあります。保湿は大人ニキビを予防するのに最も大切なことですので、あごも見逃すことがないようにしっかりと保湿を行いましょう。

男性の場合は、人によっては毎日髭剃りを行う人も多いでしょう。髭剃りは肌へのダメージが大きいので、しっかりとした保湿対策をしなければニキビができる原因となってしまいます。ニキビを作らないためにも普段からしっかり保湿をしておきましょう。

 - 部分別ニキビケア